眠っている間に虫歯治療

歯医者嫌いで虫歯を放置していると、治療にも時間がかかり歯を削る時には強い痛みもありますよね。
虫歯でボロボロの歯でも麻酔を使って虫歯治療をすれば、痛みも不安もなく治療を受けることができます。
歯医者さんが怖い、嘔吐反射が強くすぐにオエッとしてしまう人も、虫歯治療は苦手だと思いますが、そんな場合には眠くなる麻酔を点滴し眠っている間に治療ができるので、目が覚めたら治療が終わっています。
これならストレスも不安感もなくなりそうですね。
虫歯はそのまま放置していても自然に治ることはなく、市販の薬もないですよね。
また歯の痛みが治まっても、痛みが一時的に和らいだだけで虫歯は進行しています。
だから虫歯になったら速やかに歯医者さんに行かなければならないのです。
初期の虫歯なら治療も簡単にすむので、無痛治療しなくてもすみますし、費用も安くすみます。
そして虫歯治療が終わったら、今度は虫歯や歯周病にならないように今度は予防歯科に通って、定期的に口の中をチェックしてもらうといいですね。
高齢になっても歯を減らさないためには、定期検診は必要だと思います。